伊藤店長の豆

スカイラインGT-R豆知識 BNR32 BCNR33 BNR34

  • 閲覧数:1166

★スカイラインGT-R 型式の意味

B⇒RB26DETTエンジンの意味
C⇒HICAS(元々R33にはHICASが無かった為、差別化の意味)
N⇒アテーサE-TS+HICASの意味
R⇒スカイラインR32~R34車種記号

【スカイラインGT-R BNR32】

★1989年(平成元年)8月21から発売開始、いわゆる前期型です。
車台番号 BNR32-000051 ~ 017466 (重量1430kg)

280ps(206kW)/6800rpm
36.0kg・m(353.0N・m)/4400rpm
水冷直列6気筒DOHC24バルブICツインターボ
車体価格445万円

●1990年(平成2年)2月22日、レースを意識した
スカイラインGT-R NISMO が500台限定で発売。
車体価格441万円
車台番号 BNR32-100001 ~ 100560
(500台とは別に60台をレースで使用)
設定カラーは ガンメタリックのみ
軽量化のための変更点
・エアコン無し(オプション)
・オーディオ無し(オプション)
・ABS無し
・リアワイパー無し
・ニスモのメタルタービンへ変更
・ニスモエアインテークダクト2個追加
・フードトップモールの追加
・サイドシルプロテクターの追加
・小型リアスポイラー追加(別名 ちびスポ)
・インタークーラー前グリル無し
・ブレーキ冷却用導風板の追加
(重量的には32GT-Rの中で一番軽量 )
オプション無しでなら価格は標準車より少し安めの価格設定
結局オプションで付ければ割高になるのですが。。。

★スカイラインGT-R N1
N1耐久レース用に設計され1991年(平成3年)7月19日より発売
NISMO同様に快適装備が除去され、耐久性をもたせたRB26のエンジンが載る。
カラーはクリスタルホワイト(326)のみ
タービンはセラミックからメタルへ
ハロゲンライトから角目のN1ライトへ
ブレーキ冷却用導風板追加  など
車台番号 BNR32-200000~
後にVスペックが発売された事により変更されたもの
BBS17インチ225/50R17
ブレンボ製キャリパーローターー

★1991年(平成3年)8月20日からマイナーチェンジした中期型
車台番号 BNR32-212001 ~ (重量1480kg)車体価格451万円
ライトのバルブがH3からH1へ変更 重量が前期に比べ50キロ増

★1992年(平成4年)2月3日から 後期型
車台番号 BNR32-300001 ~ 314649
追加グレード Vスペック/VスペックⅡ
◆VスペックとVスペックⅡの違いはタイヤサイズのみ)
◆R33同様フィン無しデフカバーへ変更  クラッチをプル式へ変更

平成5年2月 標 準 車  (重量1480kg)車体価格454.5万円
平成5年2月 Vスペック  (重量1500kg)車体価格526万円
平成6年2月 VスペックⅡ (重量1500kg)車体価格529万円

★総生産台数 43934台

生産台数の内訳
標準車    40,390台
ニスモ       560台(内60台はレース車両)
VスペックⅠ  1,453台
VスペックⅡ  1,303台
N1ベース     228台
歴代のBNR32でNISMO限定車を除いてですが
前期型が一番軽量で、50キロほど軽い事に気付きます。

【スカイラインGT-R BCNR33】
R32GT-Rの欠点が重点的に見直されて、1995(H7)年1月6日の
東京オートサロン発表と共に発売となりました。
全車共通 前後ブレーキがブレンボ製となる。

★1995年(平成7年)1月 6日から 前期型
車台番号 BCNR33―000056~009270(000094~000100欠番)

モデルは「GT-R 標準 478.5万円」
「GT-R Vスペック 529万円」
(VスペックのみアテーサE-TSプロの設定)

★1996年(平成8年)1月22日から 中期型
車台番号 BCNR33―021001~


※画像は限定販売のLMリミテッドを使用しています

全車にN1バンパーが標準装備
モデルは「GT-R 標準 484.5万円」
「GT-R Vスペック 535.5万円」

■1996年(平成8年)5月~2カ月間限定
ル・マン出場記念モデル限定車 総販売台数98台
専用色はチャンピオンブルー 専用リアスポ(角度調整付センターカーボン)
フードトップモール標準装備
GT-R LMリミテッド 499.8万円  販売台数84台
GT-R Vスペック LMリミテッド 550.3万円  販売台数14台

★1997年(平成9年)2月 3日から 後期型
車台番号 BCNR33―040001~


R33 SKYLINE GT-R 最終モデル

キセノンライトが標準となり、フロントスポイラーも大型化。モデルは
「GT-R 標準 488.5万円」
「GT-R Vスペック 539万円」

■1997年11月 GT-Rのワゴン車というべく、ステージア・オーテックバージョン260RSが登場。
心臓にはRB26DETTエンジン ワゴンだと侮るなかれ!

STAGEA AUTECH Ver.260RS  440~450万円

★1997年(平成9年)11月から99台限定販売開始
大森ファクトリーによるコンセプトターとして開発発売された。

NISMO 400R

販売価格がすごく高い1200万円(税抜)という事から販売台数が
限定99台のところ55台という寂しい結果に。。。
エンジンはRB26DETTをベースに改良されたRB-X GT2

総排気量:2771cc
最高出力:400ps(420ps)/6800rpm(6500rpm)
最大トルク:47.80kgfm(50kgfm)/4400rpm(4500rpm)
駆動形式:4WD
全長:4675mm
全幅:1830mm
全高:1330mm
車両重量:1550kg
PP:487(495)
備考:()内の数値はリフレッシュ・OHした際のもの
備考:トランスミッションは5速
車体価格1200万円(税抜)

■1997年12月 4ドアGT-R「オーテックバージョン 40th ANNIVERSARY」が登場。

498.5万円
人を載せる事も走る事も両立したGT-R
後ろからの見た目はタイプMの4ドアみたいだが、列記としたGT-R
R33GT-R総生産台数 16520台
R32GT-Rの生産台数43,934台に比べるとかなり少ない

【スカイラインGT-R BNR34】

販売期間 平成11年1月~平成14年8月まで
総生産台数12,175台 と少なかった。
スカイラインGT-Rとしては最後のモデルとなった。

平成11年1月~(前期モデル)
スカイラインGT-R スタンダード 車体価格499万8000円
ミッドナイトパープルⅡ 車体価格514万7000円
Vスペック 車体価格559万8000円
Vスペック ミッドナイトパープルⅡ 車体価格574万8000円
Vスペック N1 車体価格599万8000円

平成12年1月~(前期モデル)
スカイラインGT-R ミッドナイトパープルⅢ 車体価格514万8000円
Vスペック ミッドナイトパープルⅢ 車体価格574万8000円

平成12年10月~(後期モデル)
スカイランGT-R スタンダード 車体価格504万8000円
VスペックⅡ 車体価格574万8000円
VスペックⅡ N1 車体価格609万8000円
平成13年5月~(後期モデル)
スカイラインGT-R Mスペック 車体価格595万円

平成14年2月~(後期モデル)
Nur-R34
スカイラインGT-R VスペックⅡ Nur(限定500台)
Mスペック Nur(限定500台)
BNR34 総生産台数 12175台
平成14年8月をもって生産終了となりました。

――――――製作途中――――――-

GTCARNET