トップページ > What’s new > 用紙ダウンロード 普通車 軽自動車 委任状/譲渡書/記入例/ 愛車売却時の書類

用紙ダウンロード 普通車 軽自動車 委任状/譲渡書/記入例/ 愛車売却時の書類


image_pdfimage_print

普通車のご売却には

基本的に「委任状」「譲渡書」「印鑑証明

が必要になります。

詳しくは下記へ

用紙ダウンロードも下記からどうぞ。

委任状ダウンロード

※普通車ナンバー付きの場合に使用します。

譲渡書ダウンロード

※普通車ナンバー付・抹消済普通車にで使用します。

 

 

委任状&譲渡書 記入例

《注意》2本線や修正ペン等の修正は一切認めらません。

記入を間違えてしまった場合は新たに書き直しをして下さい。

または実印のみを捺し、記入を行政書士やお店の方にお願いして下さい。

ご売却にあたり必要になる書類

★普通車)車検が残っている、又は車検が切れているがナンバーが付いている車両

1.印鑑証明 2.委任状 3.譲渡書 4.納税証明書(原則として)

(補足)ナンバー付きで車検切れの場合、車検が切れた時点で税金が止まります。

車検が切れた年月日により納税する必要は無くなります(抹消する前提であれば)。

詳しくはお気軽にお問合せ下さいませ。

★普通車)車検が残っている、又はナンバーが付いて

お引越しなどで車検証記載の住所と登録住所(印鑑証明)変わってしまっている場合。

例① 1.印鑑証明 2.住民票(1度の住所変更の場合) 3.委任状 4.譲渡書 5.納税証明

例② 1.印鑑証明 2.戸籍謄本(数回の住所変更の場合) 3.委任状 4.譲渡書 5.納税証明

(補足)ナンバー付きで車検切れの場合、車検が切れた時点で税金が止まります。

車検が切れた年月日により納税する必要は無くなります(抹消する前提であれば)。

詳しくはお気軽にお問合せ下さいませ。

★普通車・軽自動車)ナンバーを返納し一時抹消状態の車両

1.譲渡書(ナンバー返納済の場合は実印では無く、認印で良い)

印鑑証明以外に必要になるケースについて)

お引越しなどで住所変更をした場合、なぜ住民票や戸籍謄本等が必要になるのか?

愛車ご売却には必ずご登録者の印鑑証明が必要になります。

その印鑑証明に記載されて居る住所が、車検証に記載されている住所と異なってしまうと

書類としての証明が出来ず、書類不備になってしまいます。

車検証記載住所から1回のご住所変更であれば、住民票が必要です。

※住民票には旧住所として一つ前の住所が記載されています。

車検証記載住所から1回以上の住所変更であれば、戸籍謄本が必要です。

※数回変更されて居る場合、住民票では負えないので。

有限会社トラスト企画

〒304-0822 茨城県下妻市皆葉1624

TEL:0296⁻30-6330

FAX:0296⁻30-6331

ご注意

ページのTOPへ