トップページ > What’s new > 知ってて損は無い ランサーエボリューションの豆知識

知ってて損は無い ランサーエボリューションの豆知識


image_print

ランサーGSRRS エボリューション

LANCER   GSR/RS   EVOLUTION

 

ランエボを大きく分けると

世代世代世代世代

 

★第世代 CD9A/CE9A

1992(H4)/9月 通称エボ1
ランサーエボリューション(型式:CD9A)
エボ1
ギャランVR-4(E84A)のターボエンジンをランサーに載せた
初代ランサーエボリューション
ギャランより10PSアップした250PSとなり、車重も150kg以上軽い。

2500台の限定販売だったが、3日で完売したため更に追加販売した。
RS 1816台 / GSR 5812台

 

1994(H6)/1月 通称エボ2

ランサーエボリューションⅡ(型式:CE9A)

4.0.1 JP

コーナーリング性能向上やボディ剛性強度アップ、ギヤ比をローギアード化、
吸排気の改良などなど、エボⅠで不評であった点を大幅に改善した。
吸排気の改良もあり、出力はエボⅠより更に10アップ260PSへ。

RS 1059台 / GSR 5225台

 

1995(H7)/1月 通称エボ3

ランサーエボリューションⅢ(型式:CE9A)

イニシャルD登場人物「須藤京一 スドウキョウイチ」の愛車

4.0.1 JP

エボⅡの基本構造を引き継ぎ、エンジン性能や空力性能向上を目的に開発した。
ターボ圧縮比見直し高回転型へ、そして最高出力270PS
空力性能ではフロントバンパー開口部の拡大、リアスポイラーの大型化

販売目標台数5000台を大きく上回る10,080台

 

★第世代 (CN9A/CP9A)

1996(H8)/8月 通称エボ4

ランサーエボリューションⅣ(型式:CN9A)

イニシャルD登場人物「岩城清次 イワギセイジ」の愛車

エボ4
5ナンバーサイズに納まる様にフルモデルチェンジ 最高出力280PS
第1世代より、エンジン方向を左右反転させ駆動ロスを軽減
アクティブ・ヨー・コントロール(AYC)採用によりエボⅢに比べ
大幅に旋回性能がアップした。

RS 941台 / GSR 12193台

 

1998(H10)/1月 通称エボ5

ランサーエボリューションⅤ(型式:CP9A)

4.0.1 JP

エボⅣの欠点を改善。ワイド化し3ナンバーへ。最高出力は同じ280PS
タイヤサイズをエボⅣの「205/50R16」から「 225/45R17」へ変更
フロントに4POT対向、リアの2POT対向のブレンボ社製を採用
タービンノズル面積拡大、ブースト圧アップによりトルクアップ。

RS 678台 / GSR 6939台

 

1999(H11)/1月 通称エボ6

ランサーエボリューションⅥ(型式:CP9A)

エボ6
最高出力は変わらず280PS
空気抵抗、冷却性能、フロント回りの改善でナンバープレートの位置が左側へ。
エボⅤで固めだった足回りが街乗りには向かず不評だったため、エボⅥでは
ソフトな仕上がりとなった。その結果、競技用には向かず全日本ラリー等で
エボⅤに勝利できなかったので、競技用RSにはエボⅤと同セッティングの
足回りが選択できる様になった。
また、RSには純正でチタンアルミ合金製タービンが採用された。

RS 726台 / GSR 6868台

 

2000(H12)/1月 通称トミマキ

ランサーエボリューションⅥ
トミーマキネンエディション(型式:CP9A)
トミマキ 本物の車両➡Mitsubishi_LancerEvo_VI_TME_Gr_A

129207b2スペシャルカラーリングパッケージ

 

最高出力は280PS、GSRと競技用のRSの、スペシャルカラーの3タイプグレード
WRC史上初の4年連続ドライバーズチャンピオンに輝いたトミー・マキネン選手の記念として
トミーマキネン特別仕様車が発売される。
前後バンパーを変更、実際と同デザインの17インチホイール、空気抵抗を考慮しフォグの廃止
足回りにはエボⅤの固めを仕様するなど、走りを意識した仕様になった。
その他各所にトミマキ専用デザインやパーツが用いられる。

RS 678台/GSR 2021台/スペシャルカラーPKG 212台

 

★第世代 (CT9A)

2001(H13)/2月 通称エボ7

ランサーエボリューションⅦ(型式:CT9A)

4.0.1 JP

2000(H12)に発売のランサーセディアがベースとなる。

高出力は同じ280PS
エボⅥより足回り、ボディ剛性、4WDシステムの改良により運動性能の向上。
ACD(電子制御可変多板クラッチ機構)を採用
舗装路/未舗装路/雪道の3モードを車内でスイッチ切替え可能。
2002(H14)/1月 通称GT-A

ランサーエボリューションⅦ  GT-A(型式:CT9A)

エボ7GTA

ランエボ初のオートマ5速を搭載。最高出力はATミッションを考慮した272PS
スポーツモードAT/ステアリングスイッチを採用(INVECS-I)。
見た目の変化は、GSRに比べ小さ目のリアスポイラー、ボンネットダクトレス
ナンバープレートがセンターに付くなど。
オプションでGSRの大型スポイラーとリアスポ無し選択可能。
2003(H15)/1月 通称エボ8

ランサーエボリューションⅧ(型式:CT9A)

エボ8
6速クロスミッションが搭載される。 最高出力は280PS
競技用グレードのRSには5速マニュアルも選択可能。
リアスポイラーにカーボン素材を採用。
2004(H16)/2月 通称エボ8MR

ランサーエボリューションⅧ  MR(型式:CT9A)

エボ8MR
MRの略は(ミツビシ・レーシング)。最高出力は280PS
量産国産車で初のアルミ製ルーフパネル、ビルシュタインと共同開発のショック
メーカーオプションでBBS17インチ鍛造軽量ホイール
2005(H17)/3月 通称エボ9

ランサーエボリューションⅨ(型式:CT9A)

エボ9
見た目の変更は前後バンパー、ボンネット、リアスポイラー。最高出力は280PS
エンジンの吸気側に連続可変バルブタイミング機構(MIVEC)を採用。
また、ターボチャージャーの改良によってトルクやレスポンスの向上。
2006(H18)/8月 通称エボ9MR

ランサーエボリューションⅨ MR(型式:CT9A)

エボ9MR

 

 

★第世代 (CZ4A)

2007(H19)/10月 通称エボⅩ

ランサーエボリューションⅩ(型式:CZ4A)

エボ10

フルモデルチェンジ。最高出力は280PS

グレード同じく RS/GSR 共に5速マニュアル

 

2007(H19)/11月 通称エボⅩ

ランサーエボリューションⅩ(型式:CZ4A)

エボ10

6速オートマ採用  グレードはRS/GSR

「ツインクラッチSST」6速自動マニュアルトランスミッション

オートマ限定免許でも運転可能なエボⅩが誕生となる。

 

2015(H27)/8月 通称エボⅩ

ランサーエボリューションⅩ ファイナルED(型式:CZ4A)

エボ10ファイナル

限定1000台が完売となり、生産終了となる。

 

 

*********************************************************************

ランエボ1~10 CP9A CT9A CN9A CZ4A

ライトからハードなチューニングカー レーシングカー サーキット仕様

ransa1

社外パーツが豊富  事故車  改造し過ぎてエンジン不調  不動車

LANCER EVOLUTION 高く買いますよ!!!

得をしたい方は上のバナーをクリック

 

★お車を売る際の必要書類

車検証/自賠責保険/リサイクル券/印鑑証明/委任状/譲渡書/納税証明書

※委任状と譲渡書は当社でご用意します。

 

担当の伊藤まで直接のご連絡でもご対応させて頂きます!

メール:ito@trustplanning.co.jp

携帯:080-3094-1823

グレード
< Grade >
年式
ミッション
< Mission >
価格
< Price >
車検
< Vehicle inspection >
カラー
< Color >
走行距離
< Mileage >
在庫NO.
< Stock No. >
装備
< Equipment >
備考
< Note >

在庫情報・お問い合わせ

お名前(必須)
メールアドレス
電話番号(必須)
装備やご質問や希望内容など
お気軽にお書き下さい
最終確認(必須) プライバシーポリシーを確認しました。お電話での返信を許可します。

 


プライバシーポリシー

個人情報とはお客様の住所・氏名・連絡先(メールアドレス・電話番号・FAX番号)により、個人を特定できる情報を示します。

個人情報の利用について
お客様よりご提供いただいた個人情報には、弊社からのお問い合わせの対応のみに利用します。
個人情報の取得について
お客様よりご提供いただいた個人情報につきましては当社が責任をもって管理し、第三者への漏洩は一切致しません。
個人情報の管理について
個人情報への不正なアクセス、または個人情報の紛失、改ざん、破壊、漏洩等の危険に対して、技術面及び組織面において合理的な安全対策及び予防措 置を講じます。

ページのTOPへ